/

この記事は会員限定です

富士通再構築、本気のDX

堅調スキャナーを売却

[有料会員限定]

富士通の事業再編が新たな段階を迎えた。完全出資子会社でスキャナー大手のPFU(石川県かほく市)をリコーに売却する方針を固めた。携帯端末などハードウエア事業の切り離しを進めてきたが、今回は比較的ブランド力があり堅調な事業でも売却対象とすることに踏み込んだ。成長戦略に据える企業や行政のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援にかける富士通の本気度が透けて見える。

「主力事業に経営資源を集中し、ノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン