/

この記事は会員限定です

リニア工事中の大井川水量 ダム取水抑え確保

JR東海、新案示す

[有料会員限定]

静岡県は26日、リニア中央新幹線の静岡工区未着工問題で大井川の水量減少を議論する検討会議を県庁で開いた。JR東海は工事中に静岡県から流れ出る大井川の水量を確保する新たな工事案を提出した。一つは東京電力と調整し工事期間中、近くのダムの取水を抑え大井川の水量を確保する。もう一つは流出する水量を計測し一部工事後に山梨県側から供給する。

南アルプスの地下を通る静岡工区ではトンネル工事で大井川の水が流出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン