/

この記事は会員限定です

相鉄HD、黒字に転換

前期最終、不動産業が堅調

[有料会員限定]

相鉄ホールディングス(HD)が26日発表した2022年3月期の連結決算は、最終損益が18億円の黒字(21年3月期は130億円の赤字)に転換した。新型コロナウイルス禍で運輸業やホテル業は振るわず、売上高にあたる営業収益は落ち込んだが、分譲マンション販売など不動産業が堅調に推移したことやコスト削減が功を奏し、純利益が大幅に回復した。

営業収益は21年3月期比2%減の2166億円だった。鉄道業の輸送人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン