/

この記事は会員限定です

「密」回避へデータ活用 位置情報のクセ注意

実態とズレ生む集計も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍での「密」を避ける取り組みを測る指標として、位置情報データが脚光を浴びている。幅広い活用に期待が集まるが、実態とズレるケースもあり、国の公表データに自治体が抗議する事態も起きた。データの「クセ」を理解し、賢く使いこなす必要がある。

「あまりにも実態とかけ離れている」。4月28日、大分県別府市の長野恭紘市長は内閣官房に強い不快感を表明した。新型コロナ対策の関連サイトに掲載された「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン