/

この記事は会員限定です

(社説)有事の医療・医薬品確保を万全に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染対策ではマスクや防護具、人工呼吸器などの不足が浮き彫りになった。今後、実用化が進む治療薬やワクチンも十分に確保できないおそれがある。製品や原料の多くを中国などに依存しているためだ。

安全かつ効果的な医療・医薬品の確保は国の生命線ともいえる。政府は有事に備え調達の多様化や関連産業の育成など、対策に万全を期してほしい。

治療薬の調達に不安

厚生労働省は5月、米社のエボラ出血熱薬レムデシビルを、新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン