/

この記事は会員限定です

求人1.16倍、コロナ前遠く

昨年度、失業率横ばい2.8%

[有料会員限定]

厚生労働省が26日発表した2021年度平均の有効求人倍率は1.16倍だった。前年度から0.06ポイント上昇し3年ぶりに改善したが、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化する前の19年度平均(1.55倍)に比べると低い。感染拡大が断続的に起き、雇用の回復を妨げている。

総務省が同日発表した21年度平均の完全失業率は2.8%で、前年度から0.1ポイント改善したもののほぼ横ばいだった。11年ぶりの悪化と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン