/

この記事は会員限定です

金が上昇、米の低金利継続追い風

国際価格、「第2波」なら騰勢弾み

[有料会員限定]

金の国際価格が堅調だ。予想外に改善した5月の米雇用統計の公表後の株高で金は一時弱含む場面もあったものの、米国の低金利政策の長期化を追い風に上昇した。新型コロナウイルスの感染「第2波」が現実味を帯び、景気へのリスクが再認識されることで、金はさらに騰勢を強める可能性も出てきた。

国際指標であるニューヨーク金先物は日本時間12日夕方の時間外取引で1トロイオンス1740ドル前後で推移する。11日には一時1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン