/

この記事は会員限定です

「価格据え置き」、割安感鮮明

PB商品 独自仕様、売り場で存在感

[有料会員限定]

2021年から続く食品の相次ぐ値上げは店頭価格にも浸透し始めた。そんな中、スーパー大手各社は自社のプライベートブランド(PB)の価格据え置きを宣言している。POS(販売時点情報管理)データで分析すると、ナショナルブランド(NB)とPBの価格差は広がり、PBはシェアも伸ばしている。

3月中旬、西友はPB「みなさまのお墨付き」の食料品や日用品の約1200品目の価格を6月末まで据え置くと発表した。3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン