/

この記事は会員限定です

大阪IR、全面開業27~28年度に遅れ 鉄道整備・資金集め停滞も

万博アクセス懸念の声

[有料会員限定]

大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)の全面開業が、新型コロナウイルス禍で延期する見通しとなった。当初目指していた2025年国際博覧会(大阪・関西万博)前の開業から26年度末に延び、さらに27~28年度まで遅れる。景況感の急速な悪化もあり、万博を見越したインフラ整備やIRの資金集めなどが滞る可能性も出てきた。

「(当初の24年度開業は)もともと無理な計画だったと思っている」。関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1248文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン