/

(コモディティーウオッチ)穀物市場が恐れる食糧危機連鎖

資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫氏

[有料会員限定]

シカゴ穀物は依然上値が重い。6月に入って大豆は、1ブッシェル8ドル台半ば、小麦5ドル近辺、トウモロコシ3ドル台前半での値動きとなっている。新型コロナウイルス禍により農畜産物の需要が減退している中、コロナの発生源や香港問題を巡り米中の対立が激化している。加えて米農務省の2020~21年度の世界農産物需給報告が8年連続の豊作を示す内容となったことが背景にある。

米農務省は、今年のトウモロコシの生産は異...

この記事はヴェリタスビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン