/

この記事は会員限定です

「リモート治験」広がる

武田は専門チーム結成/アステラス、システム25年にも

[有料会員限定]

新薬開発に欠かせない臨床試験(治験)を遠隔で実施する「リモート治験」が広がり始めた。武田薬品工業は専門チームを設け、アステラス製薬もリモート治験のシステムを2025年にも導入する。治験の一部を身近な医療機関や自宅で実施することで、参加者は移動時間を節約できる。製薬各社も治験のコスト抑制と期間の短縮が期待でき、新薬開発をより効率的にできるようになる。

治験は新薬候補の安全性や有効性を確認するために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン