/

この記事は会員限定です

新ルーター発売前倒し

バッファロー 在宅向け需要急伸で

[有料会員限定]

メルコホールディングス傘下でパソコン周辺機器を販売するバッファロー(名古屋市)は、最新無線LAN規格「Wi-Fi6」に対応する新しいルーターの発売を前倒しする。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務する人が増え需要が急伸したことから、発売を当初の計画より約1か月早い7月とした。

新ルーターは在宅勤務やオンライン授業で、自宅にいる複数の人が同時につなげても遅延が少ないという。電波を飛ばす方向をカスタマイズし、建物内全体に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン