/

この記事は会員限定です

カゴメ・NEC、3日先の畑の病害予測

AI使い農家向け

[有料会員限定]

カゴメNECは、野菜にカビなどの病害が発生するリスクを人工知能(AI)で予測するシステムを開発した。圃場ごとの気温や湿度をAIが分析し、3日先までの病害発生リスクを農家に警告する。両社で提供中のサービスに5月にも組み込む。世界各地で気象変化が大きくなる中、農家の栽培を支援する仕組みとして広げる。

両社がトマト農家向けに提供している営農支援サービス「クロップスコープ」に新機能として加える。圃場に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン