/

この記事は会員限定です

外食、FCの資金繰り支援

壱番屋、加盟保証金を廃止 物語コーポ、指導料を一時免除

[有料会員限定]

中部の外食各社が新型コロナウイルスの感染拡大で客数減少に直面するフランチャイズチェーン(FC)加盟店の支援に力を入れている。カレーチェーンの壱番屋は加盟店から預かる保証金を廃止し、物語コーポレーションは経営指導料の支払いを一時的に免除した。加盟店の資金繰りを支え店舗網を維持する。

外食企業のFC店制度は各地域に詳しい個人や企業と加盟契約を結び、店を増やす仕組みだ。加盟店は本部にロイヤルティー(経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン