/

この記事は会員限定です

若者世帯、住みやすさ追求

30歳未婚率、関西27自治体で50%未満

[有料会員限定]

2020年の30歳時の未婚率をみると、関西2府4県では27の自治体が50%を下回った。うち19の自治体は15年時点より未婚率が低下し、和歌山県北山村や滋賀県多賀町、大阪府島本町など5つの自治体の低下幅は5ポイントを超えた。晩婚化が進むなか、府県レベルでの婚活支援とともに、結婚した若者世帯を呼び寄せる対策が未婚率低下につながっている。

20年の未婚率が25.9%と全国で最も低かった北山村。奈良県と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン