/

(眼光紙背) 帳尻合わせた日立の庄山氏

[有料会員限定]

日立製作所の庄山悦彦元社長が5日、亡くなった。日立歴代の大物が在籍した日立工場の電力設計部長を務めたが日立工場長にはならず、副工場長から国分工場長に転じた。このために保守本流の重電畑でスタートしたが、盤石の社内基盤を築けなかったという。取締役に就くと家電部門を管掌した。1995年に販売会社の日立家電を吸収して製販一体を果たしたが、後に分離した。

社長レースの対抗馬は日立に珍しい闘志あふれる豪腕タイプ。前任の...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン