/

この記事は会員限定です

ナスダック初の1万台 GAFAなど成長期待

株価、「バブル期」の2倍

[有料会員限定]

米国の株式市場で10日、ナスダック総合株価指数が終値で初めて1万台に乗せた。同指数の構成銘柄には成長期待の高いIT(情報技術)企業が並ぶ。インターネットを軸にビジネスを運営するため新型コロナウイルスの影響が比較的小さいとして投資資金が流入した。

同指数は米ナスダック市場に上場する全銘柄の時価総額を加重平均して算出する。同市場にはシリコンバレーのハイテク企業をはじめ、約3500社が上場する。代表格が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン