/

この記事は会員限定です

画面に気を取られ痴漢被害 STOP! 歩きスマホ

自治体、条例など対策強化

[有料会員限定]

スマートフォンを操作しながら街や駅構内を歩く「歩きスマホ」。周囲への注意力が低下し、通行の妨げになる迷惑行為だ。画面に集中する女性を狙った痴漢行為が多発し、歩きスマホ中に犯罪の被害者となることも多い。自治体が禁止条例を定めるなど対策を強化する動きが広がっている。

建物の陰に隠れる不審者の存在に気づかず、背後から肩を触られても反応が遅れる――。3月、愛知県警が歩きスマホの危険性を訴える実験動画をまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン