/

この記事は会員限定です

人権侵害、企業間で救済

法律家と連携、強制労働など通報窓口

[有料会員限定]

サプライチェーン(供給網)上の人権侵害を企業横断的に救済する仕組みづくりが始まった。電子情報技術産業協会(JEITA)や法律家の団体が近く専門組織を発足し、オンラインで苦情処理を受け付ける。欧州連合(EU)などで関連法制の整備も進み、日本企業は対応を迫られている。

JEITAと人権問題に詳しい弁護士らでつくる「ビジネスと人権ロイヤーズネットワーク(BHRL)」が5月にも一般社団法人「ビジネスと人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン