/

この記事は会員限定です

違法派遣に「雇用の強制」

受け入れ企業に判決、初の完全適用 就労管理の再点検、急務

[有料会員限定]

違法な「偽装請負」の労働者を受け入れていた企業に、それらの労働者を直接雇用するよう実質的に強制する判決が2021年冬に出た。15年に法律に盛り込まれた制裁規定の裁判での完全適用は初とみられる。違法な派遣への最も厳しい制裁といわれ、厚生労働省も行政指導を進めている。派遣社員を受け入れるあらゆる企業で、適切な就労管理の再点検が急務となっている。

「請負先の工場で働いていた原告らは事故報告や対策届を、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン