/

この記事は会員限定です

JR貨物がスマート駅

27年仙台に トラック管理など自動化

[有料会員限定]

JR貨物はコンテナを運び込むターミナル駅に、人工知能(AI)などを導入した「スマート貨物ターミナル」の整備を進める。2027年3月以降に移転する仙台の新ターミナル駅から導入を始める。目視での確認などが多かった運行作業において、デジタル技術により安全性向上を図る。人手不足が深刻化するなか、将来的な労働量の削減も見据える。

同社は仙台貨物ターミナル駅(仙台市)を、現在の場所から北東に約5キロメートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン