再生エネ、コロナ下で脚光 太陽光・風力、世界で発電伸びる 感染対策で強み

2020/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の電力需要が落ち込む中、太陽光や風力など再生可能エネルギーの発電量が伸びている。再生エネは多くの作業員が要らず、感染症にも比較的強い。国際エネルギー機関(IEA)も2020年は再生エネだけ増加を予測する。意図せず起きたエネルギー構造の変化がコロナ後のニューノーマル(新常態)となるか注目される。

新型コロナによる経済活動の停滞で、石炭などの火力発電は稼働率が大幅に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]