/

この記事は会員限定です

受け身な珍魚に一目ぼれ

ガラパゴスバットフィッシュを研究、魅力伝える バットフィッシャーアキコ

[有料会員限定]

固有生物種の宝庫として知られる南米エクアドル領のガラパゴス諸島。その沖合に生息する魚、ガラパゴスバットフィッシュに一目ぼれしてしまった。水深20メートルほどの海底の砂地に、たいていは1匹でたたずんでいる。沈思黙考しているように見えるが、どうやら泳ぎが苦手なだけらしい。

人が近寄っても動じない、というより、ぼーっとしている。そのくせ、ぽってりした唇は情熱の赤。アンコウの仲間で小さな甲殻類などを捕ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン