/

この記事は会員限定です

日本は承認審査に時間

タカラバイオ、米で検査法申請

[有料会員限定]

タカラバイオなどが開発した新型コロナウイルス感染の有無を調べる新しいPCR検査法で、最初の申請先が米国になったのは、迅速な承認体制があったためだ。新型コロナの感染拡大を受けて日本政府も治療薬などの承認審査の短期化を打ち出しているが、欧米に比べてスピード感が劣るとの見方は根強い。日本ではいち早く有効な医薬品や医療機器を活用できない現状がある。(1面参照

タカラバイオは新しいPCR検査法が米国で承認された後でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン