/

この記事は会員限定です

JERA、火力発電をAIで効率化

年間数千万円コスト減

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)と中部電力が折半出資するJERAは4月、火力発電所にAI(人工知能)を取り入れて効率よく運転させるシステムを稼働した。空気や燃料を投入するタイミングといった熟練の技術者のノウハウをAIに学ばせ、適切な時間や量を自動で示す。高騰する燃料費の削減につながるとみて、全国に広げる。

碧南火力発電所(愛知県碧南市)4号機で運用を始めた。発電所の運転データと熟練技術者の知見を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン