/

この記事は会員限定です

日立造船、ごみ見える化

収集・燃焼・監視をAIで最適に 自治体に導入、人員3分の1

[有料会員限定]

日立造船はデジタル技術でごみ処理を見える化する。いつどこにどれだけのごみが出るのかデータを分析し、最適なごみ収集車の運行ルートをつくる。ごみ焼却施設での焼却や監視にも人工知能(AI)を活用し、運営に必要な人手を3分の1に減らす。一気通貫のデジタルサービスを構築し、ごみ処理の生産性を引き上げる。

関東のあるごみ収集所。ごみ袋をキビキビと拾い上げて収集車に投入する担当者は、手首に腕時計のような端末を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン