/

この記事は会員限定です

旭化成、CO2排出量開示 樹脂製品1万品目

EU規制に対応

[有料会員限定]

旭化成は5月から自動車や家電向けの樹脂で原料の調達から生産までに排出した二酸化炭素(CO2)の量を顧客に開示する。樹脂製品の5割強に当たる1万品目が対象だ。欧州連合(EU)は2027年から基準より排出量の多い一部の自動車部品などの輸入を禁じる方向で、顧客の車大手などが開示を求めている。脱炭素への対応力が化学メーカーの競争力を左右し始めた。

石油を原料に使う化学産業はCO2の排出量が多い。国際エネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン