/

この記事は会員限定です

サムスントップ 逮捕せず

韓国地裁、検察の請求棄却

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】ソウル中央地裁は9日未明、韓国サムスン電子トップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対する逮捕状請求を棄却した。証拠隠滅のおそれがあるとして逮捕状を請求した検察側の主張を退けた。李氏とサムスングループ元幹部2人の計3人は逮捕・拘束を免れた。ただ検察側は在宅での起訴も視野に捜査を継続する意向を示している。

地裁は棄却決定の発表資料に「検察はこれまでの捜査を通じて既に相当の証拠を確保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン