クオール、オゾン発生器でコロナを消毒 医療機関向け

2020/6/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

調剤薬局大手のクオールは、新型コロナウイルス感染者が滞在した部屋を消毒するオゾン発生器を医療機関向けに発売した。一定濃度のオゾンにウイルスを約1時間さらすと、感染力がほぼ無くなるという実験結果を受け、販売を決めた。病室や診療室の消毒は多くが手作業であり、機器の導入で医療従事者らの負担軽減につなげる。

医療用の「オゾンガス消毒器」は周囲の空気を吸引してオゾンガスを発生する。スタートボタンを押すだけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]