/

この記事は会員限定です

マレーシア航空、会長に国営石油社長

政府、経営関与強める

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】マレーシアのムヒディン首相は、国の傘下で経営再建中のマレーシア航空の会長に、国営石油会社ペトロナスのワン・ズルキフリ社長兼最高経営責任者(CEO)を任命すると発表した。マレーシア航空は世界的な航空需要の低迷で経営が一段と悪化しており、政府が経営への関与をさらに強める。

ワン・ズルキフリ氏は7月1日にマレーシア航空会長に就任し、パイロット出身のイザム・イスマイルCEOと二人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン