/

この記事は会員限定です

米料理宅配 はや過当競争

手数料に上限、収益改善遠く ソフトバンクG、2社出資 新たな悩みに

[有料会員限定]

「巣ごもり消費」で市場が拡大する米国の料理宅配サービス業界が過当競争に陥っている。米主要都市では中小の飲食店や消費者を守るため配達手数料に上限を設ける動きも広がり、収益改善の道筋は見えない。投資ファンドを通じて首位ドアダッシュと3位ウーバーテクノロジーズに出資するソフトバンクグループの新たな悩みの種となりつつある。

料理宅配業界が採算度外視で競争している実態を浮かび上がらせる記事が5月中旬、米国で話題になった。消費者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン