/

この記事は会員限定です

最優先は「医療・検査拡充」 本社世論調査

「経済支援遅い」73%、緊急事態解除「早すぎ」は35%

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で新型コロナウイルスの感染再拡大に備えて政府が優先的に強化すべき対策を聞くと、首位は「医療体制の整備」の33%だった。次いで「検査体制の拡充」が22%だった。経済支援の実行スピードは「遅いと思う」が73%に上った。5月に緊急事態宣言を全面解除した対応は「妥当」との回答が50%で「早すぎた」も35%あった。

感染の第2波に向けて優先的に強化すべき対策は7項目の中から1つだけ選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン