チャートは語る香港市場 深まる中国化
米中対立の矢面に、巨額マネー目詰まりも

2020/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

香港が米中対立の最前線に立たされた。米トランプ政権が中国との対決の場を貿易から金融市場にも広げる中、中国にとっては世界のマネーとの結節点である金融センター・香港の重みが増している。その香港に対し、中国は社会統制を強める「香港国家安全法」を頭越しに導入しようとしている。長期的に欧米マネーの香港からの逃避を招けば、中国は自らの首を絞めることにもなりかねない。

政治の混迷と対照的に、香港の金融市場は意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]