外食・アパレル、最悪期脱す 5月売上高なお低水準
宅配や通販下支え

2020/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外食やアパレルなどの消費が最悪期を脱しつつある。関連企業の5月の売上高は、大半で過去最悪の落ち込みとなった4月ほどではなくなった。緊急事態宣言の解除で営業再開が進んだことが大きく、宅配や通販など新型コロナウイルスへの対応によって改善度合いには差がある。本格回復には時間がかかる見通しで、固定費削減など体制の見直しも進んでいる。

回転ずし「スシロー」の5月の既存店売上高は前年同月比19%減だった。同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]