昨年の出生率1.36、4年連続低下 出生数90万人割れ

2020/6/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

出生率(総合2面きょうのことば)の低下に歯止めがかからない。厚生労働省が5日発表した2019年の人口動態統計で、1人の女性が生涯に産む子どもの数にあたる合計特殊出生率は1.36と、前年から0.06ポイント下がった。4年連続の低下で07年以来12年ぶりの低水準になった。政府や自治体は保育所の整備、教育の無償化などで少子化対策に力を入れてきたが、実を結んでいない。(関連記事総合3面に

出生率は05…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]