/

この記事は会員限定です

「ウクライナがロシア旗艦撃沈」 米が断定

ミサイル2発で 南部上陸作戦難しく

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米国防総省高官は15日、ウクライナ軍がロシア黒海艦隊旗艦の巡洋艦「モスクワ」をミサイル2発で攻撃していたと断定した。モスクワは14日に沈没が確認された。ロシア軍によるウクライナ南部への上陸作戦はいっそう難しくなった公算が大きい。(1面参照

高官によると、ウクライナ軍は国産の対艦ミサイル「ネプチューン」を使った。高官は14日、記者団に対してモスクワで大規模な火災が発生したと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン