/

この記事は会員限定です

日本電産、産業ロボ部品生産3倍に

フィリピン工場に新棟

[有料会員限定]

日本電産は2022年度内に小型減速機の生産能力を今の3倍弱に引き上げる。アーム型の産業用ロボットの主要部品で、100億円を投じフィリピン工場に新棟を建てる。新型コロナウイルスの感染拡大で、生産の自動化や省人化の需要は拡大している。同事業の売上高を26年3月期に1000億円と、22年3月期見込みから倍増させる。

増産するのは主に産業用ロボット関節に使われる「波動歯車」と呼ばれる小型減速機だ。国内工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン