/

この記事は会員限定です

試合名場面NFTデータ、利用者間の売買が可能に

ベイスターズ、新機能

[有料会員限定]

プロ野球の横浜DeNAベイスターズは15日、試合の名場面などをNFT(非代替性トークン)と呼ばれるデジタルデータに加工して販売するサービス「PLAYBACK9(プレイバックナイン)」の機能を拡充し、利用者間でのデータ売買を可能にしたと発表した。

一般的にデジタルデータは簡単に複製できてオリジナルとの見分けが難しい。NFTは暗号資産の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)を活用して偽造や改ざ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン