/

この記事は会員限定です

サンコロナ小田、炭素繊維材料をシートで供給

強度高めた製品開発

[有料会員限定]

石川県小松市に生産・開発拠点を持つ合繊メーカーのサンコロナ小田(大阪市)は軽くて耐久性がある炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の販路開拓に取り組む。陸上競技用シューズの底など顧客が求める形にして出荷していたが、プレス加工向けの素材となるシートの形でも供給する。

炭素繊維の糸を薄く広げて、樹脂を染み込ませたのがCFRPだ。同社は熱をかけてプレス加工すればさまざまな形になるCFRPのシートを開発。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン