/

この記事は会員限定です

国内最大級のロボ実験場が稼働

空飛ぶ車から原発まで 橋・工場…実際の環境に近く

[有料会員限定]

陸海空で活躍するロボットの実験に使う日本最大級の施設「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市、浪江町)が全面的に稼働した。原発の廃炉作業だけでなく、空飛ぶ車、災害対応、物流など多様な用途のロボットを実際の使用環境で試し、役立つロボットの開発につなげる。新型コロナウイルスの感染拡大で、人と人との接触を避けられるロボット技術は一層注目を集めそうだ。

水槽の中を進むカメラを搭載したロボット。離れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン