/

この記事は会員限定です

コンテンポラリー・ダンスの現在 越智雄磨著

仏での身体芸術めぐる今

[有料会員限定]

1980年代のフランスで、ダンスが重点的な助成対象となった時期があった。今、人気のヒップホップではなく、前衛芸術の「コンテンポラリー・ダンス」である。ミッテラン大統領とジャック・ラング文化相の下、国立の「振付センター」が各地に誕生。「ヌーヴェル・ダンス」と呼ばれる作品群が世に出て、振付家が作家として社会に認知されるようにもなった。

しかしやがて、あまりに恵まれた環境に、渦中の創作者が反発する。政府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン