/

この記事は会員限定です

社内政治は「悪」なのか

若林直樹・京大教授

[有料会員限定]

会社が人間集団である以上、経営を巡って経営者や社員たちが内部で各自の利害を追求し、対立や主導権争いが起き、その調整や合従連衡が生じる。そうした「社内政治」は現実の経営に影響する。欧米のビジネススクールの組織論では、組織内政治の問題は標準的カリキュラムとして教育・討議される。

社内政治の問題は日本だけでなく、欧米でも以前から社員へのストレスややる気の低下、意思決定の非合理さといった悪影響、またハラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン