/

この記事は会員限定です

民事判決 ネット上で提供

官民で課題検討、23年度にも 企業など活用しやすく

[有料会員限定]

民事裁判の判決情報を電子データ化し、企業や研究者らが活用しやすくするための検討が官民で始まった。これまで大半は裁判所に行かなければ閲覧できず使いにくかったが、データ化することで人工知能(AI)による紛争の解決予測など新たな法務サービスが生まれる可能性がある。プライバシー保護や匿名化技術などの課題を検討し、2023年度にも実現したい考えだ。

(山岡亮)

「過去の判決は自社の訴訟の方針を決める参考や経営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン