/

この記事は会員限定です

バングラデシュ、コロナで注文取り消し「補償を」

縫製輸出 世界2位 欧州アパレルに外交圧力

[有料会員限定]

中国に次ぐ世界2位の縫製品輸出国バングラデシュが官民一体となって欧州のアパレル大手各社への圧力を強めている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で衣料の需要が急減し、縫製工場への注文が相次ぎ取り消しや延期となったためだ。同国のハシナ政権は国連や世界の有力人権団体にも働きかけて国際世論を味方につけ、アパレル大手に注文取り消しの見直しや補償を求める戦略だ。

バングラデシュの縫製業界で4月、激震が走った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1866文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン