/

この記事は会員限定です

出前館、最終赤字228億円

9~2月 配達員増、広告費かさむ

[有料会員限定]

出前館が14日発表した2021年9月~22年2月期連結決算は最終損益が228億円の赤字(前年同期は97億円の赤字)だった。配達員の増加やシステム開発で売上原価が膨らみ、認知拡大に向けた広告宣伝費もかさんだ。21年8月期決算の不備で訂正費用が発生し、約1億8000万円の特別損失も計上した。

売上高は227億円と前年同期の約2倍だった。コロナ禍の巣ごもり需要や大量の広告による認知拡大が奏功し、配達代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン