ビジネス渡航にPCR検査 行動計画も義務付け
審査経て長期待機免除

2020/6/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が検討中の出入国の緩和策が4日、分かった。ビジネス目的の往来の際に、新型コロナウイルスへの感染を判断するPCR検査(3面きょうのことば)の陰性証明書と、行動計画の提出を求める。審査を通れば入国時に長期間の待機を免除する。産業医らの診断で無症状の渡航希望者へのPCR検査も認める方針だ。どれだけ検査を拡充できるかが経済再開の規模を左右する。

政府は感染状況が日本と同程度の国と交渉して互いの出入国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]