/

この記事は会員限定です

変革担う 副業の民間人材

[有料会員限定]

首都圏の自治体で副業を通じて民間から専門人材を採用する動きが広がっている。遅れているデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を担う人材が多い。

これまで自治体が民間人材を登用する場合は「任期付き職員」として採用するケースが一般的だったが、前職を辞める必要があり、応募のハードルが高かった。しかし、副業容認の流れが道を開いた。

さらに一歩進んで民間人材を積極登用しているのが神奈川県小田原市だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン