/

この記事は会員限定です

サントリーHD、物流業務年1300時間削減

沖縄の拠点、データ使いトラック管理

[有料会員限定]

サントリーホールディングス(HD)は沖縄県に新設した物流拠点で、効率的な倉庫管理システムを導入し、トラック1台あたりの業務工数を従来より2割減らす。荷物の積み下ろし場所の予約、入出荷、在庫のデータを連携して、従来設備の物流拠点と比べて年1300時間相当の業務を削減する。

4月から稼働した「沖縄豊見城配送センター」(豊見城市、写真)で業務の効率を高めるほか、トラックによる環境負荷を下げることも目指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン