/

この記事は会員限定です

住民の安否一斉確認、NTT東が新サービス

高齢者向け、固定電話活用

[有料会員限定]

NTT東日本は2022年秋から、人工知能(AI)による自動音声と記録で、一斉に住民の安否を確認できるサービスを始める。主に地方自治体を対象に、防災訓練などでの活用を見込む。固定電話を使う高齢者らへの情報伝達、応答データの蓄積が課題になるなか、23年度中に15~20自治体での導入を目指す。

AIによる音声読み上げで、固定電話でのリモートの防災訓練などを可能にする。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン