感染症・原発災害 併発対応検討へ

2020/6/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は3日、新型コロナウイルスを踏まえた原子力災害発生時の対応について今後検討していく考えを示した。住民の避難時や避難後に、感染防止と被曝(ひばく)を避けるための防護措置を両立させる。

内閣府が2日に発表した「感染症の流行下での原子力災害時における防護措置の基本的な考え方」を受けたもの。原子力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]